新築を買うタイミング 取得時の年齢で変わるマイホームライフ

 

新築を買うタイミング 取得時の年齢で変わるマイホームライフ

 

 

子供のいない20代と、まもなく老後を迎える60代では、マイホームの買い方に大きな違いが。
年代別のメリットや注意点を検討します。

30代までの若いうちが有利で、40代以降は自己資金がカギ

マイホームはローンを組んで資金を用意するケースがほとんどです。
買うときの年齢により、額やその後の家計状況は大きく違ってきます。

20代でマイホームを買う場合、返済期間に余裕があるので多の融資が期待できます。ただ、サラリーマンでも昔のように年々給料が上がる時代ではないので、その展望はきちんと考えておく必要があります。

30代になると多少は貯金もあり、将来の収入予想もある度見えてきます。
老後を迎える前にローンの返済を終えることも十分可能。
子供の育などほかの黄担がどれくらいかにもよりますが、マイホームを買うには適した人が多いでしよう。

 

40代は、子供がいれば学費や仕送りなど負担が大きくなる頃です。
30年以上のローンを組むと返済が老後にかかってしまうので、借入額を少なくするか、養育費が小さくなったら返済額を増やすなど、やりくりのエ夫が必要になるでしよう。

 

50代でのマイホーム購入は、返済期間がそう長くないことを考えると、まとまった自己資金のあることが条件になります。

この条件は60代にもあてはまりますが、60代の場合は購入費用の80%ぐらいは自己資金で用意したいところです。

多少は退職金をあてにするのもやむを得ませんが、老後の生活についても無理のないプランを立てなければなりません。

 

 

マイホーム契約時の注意点と流れ

マイホーム契約時の注意点と流れ

 

マイホームを建てるには2種類の契約が必要です。

 

マイホームを建てる場合は、売買契約とは違った形の契約をします。どのような契約なのか、主だった確認項目は何なのか、確認しておきましよう。

 

設計事務所との契約

最初の契約は、設計事務所との「設計工事監理契約」です。
だいたいは設計の段階で契約しますが、打ち合わせ前に契約する場合もあります。

建築士は設計だけでなく工事が予定通り行われているかどうかのチェック(管理)もしますから、内容的にはの契約を交わすことになりますが、契約内体は一つです。

 

建築業者との契約

設計と並行して施工菜者選びをしますが、実施設計が完成したら工事を依頼する業者を決めて「建築工事,契約」を結びます。
実施設計が未完成の段階で契約してしまうと、最終的な見積もりがあいまいになり、予想外な出代が発生しかねません。
あっても、契約を急かす業者は避けるのが鉄則です。

なお、住宅メーカーに依賴する場合は、設計と工事をまとめて発注するので1社だけとの契約になります。