新築を買うタイミング 取得時の年齢で変わるマイホームライフ

 

新築を買うタイミング 取得時の年齢で変わるマイホームライフ

 

 

子供のいない20代と、まもなく老後を迎える60代では、マイホームの買い方に大きな違いが。
年代別のメリットや注意点を検討します。

30代までの若いうちが有利で、40代以降は自己資金がカギ

マイホームはローンを組んで資金を用意するケースがほとんどです。
買うときの年齢により、額やその後の家計状況は大きく違ってきます。

20代でマイホームを買う場合、返済期間に余裕があるので多の融資が期待できます。ただ、サラリーマンでも昔のように年々給料が上がる時代ではないので、その展望はきちんと考えておく必要があります。

30代になると多少は貯金もあり、将来の収入予想もある度見えてきます。
老後を迎える前にローンの返済を終えることも十分可能。
子供の育などほかの黄担がどれくらいかにもよりますが、マイホームを買うには適した人が多いでしよう。

 

40代は、子供がいれば学費や仕送りなど負担が大きくなる頃です。
30年以上のローンを組むと返済が老後にかかってしまうので、借入額を少なくするか、養育費が小さくなったら返済額を増やすなど、やりくりのエ夫が必要になるでしよう。

 

50代でのマイホーム購入は、返済期間がそう長くないことを考えると、まとまった自己資金のあることが条件になります。

この条件は60代にもあてはまりますが、60代の場合は購入費用の80%ぐらいは自己資金で用意したいところです。

多少は退職金をあてにするのもやむを得ませんが、老後の生活についても無理のないプランを立てなければなりません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です