フラット35の仕組みやさまざまなメリット

 

フラット35の仕組みやさまざまなメリット

 

 

フラット35はまず、消費者が民間の金融機関にローンの申込みをします。

所定の基準をクリアしてフラット35が利用できれば、金融機間から融資が実行されます。

ローンの返済も金融機関に行います。

金融機関はローンを住宅金融支援機構に譲渡されると、同機構はその~権を証券化して投資家に売却し、運営資金を得ます。

 

 

さまざまなメリットがある

 

フラット35のメリットは、良期の~定金利息であることです。金利が上がっても返済額が増えず、借り入れ時に返済額がわかるので、返済計画が立てやすくなります。

また、最高8000万円まで融資が受けられることに加えて、保証人や保証料、繰上げ返済の手数料も不要なこともメリットといえるでしよう。

 

 

フラット35の基本データと融資までの流れ

 

フラット35を利用するためにはいくつかの条件がありますその条件を説明するとともに、融資までの基本的な流れを追ってみましょう。

 

100%ローン利用が可能に

申し込む流れの違いを知る

 

フラット35を利用するには安定した収入が必要となります。

また、年収に納めるすべての借り入れの年問返済額の割合が決まっています。

年収400万円未満の場合30%以下、年収400万円以上の場合35%以下で、例えば年収400万円の場合、年問の返済額は120万円以下、つまり月にならすと10万円以下となります。

ちなみに、すべての借り入れとは住宅ローンだけでなく、クルマローンやカードのリボ払いローンなども含まれるので注意してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です