建売住宅の検討ポイント

建売住宅の検討ポイント

 

建売住宅は土地も絡んでくるので、建物と土地の両方をチェックすることになります近隣の暮らしの雰囲気もリサーチしておきましよう

 

 

大手業者なら多少は安心??

 

大手デベロッパ一のニュータウンと小規模な物件では袋者の信頼度に違いがあります。

大手なら絶対安心とはいい切れませんが、少なくともリスクは小さいですし、業界内の信用や実務能力がなければニュータウンのような大きな案件には関われません。

なので、小規模な物件の場合は業者の経常状態などをできるだけ知っておくべきでしよう。

 

 

建物と土地に問題はないか

 

建て売りは完成した家を買うため、工事中のチェックができません。

したがって、自分で確認するのはもちろんですが、確認検査機関が交付する検査済証の有無を確認することも大切です。

土地のチェックで必要なのは、まず権利関係。

借地なら借地権はどのタイプか、抵当権が設定されていないかなどを登記簿で確認しましよう。

土地の様子や使われ方も調べますが、記録と実際の状況がずれていることもあります。

 

 

物件の周辺環境も確認しよう

 

マンションほどは父になりませんが、近隣の環境も念のためチェックしましよう。

もし隣人が大きな音のバイクに乗っていればその騒音に悩まされますし、近所の公園が不良のたまり場では困ります。現地の様子は下調べしておきましよう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です