不動産所得と経費

不動産所得と経費

 

家賃以外の収入にも注意

 

純粋な家≪や地代以外での収人に含まれるものとしては、「名義書換料」「(地主としての)承諾料」など所街権に起因する名目の収入、礼金や敕金(保証金)などのうち借り主に返還しないもの、共益代として受領する光熱費などがあります。

修繕費と「資本的支出」の違いに注意

たとえば、「玄関のカギをより安全性の高いタイプに取り替えた」という場合、その費用は修繕費でなく資本的支出(資産価値を高める支出)となります。修繕費は“修理が必須な場合の修理代’’のことなのです。

 

不動産所得とは?

 

家や土地を貸すことで得る地代による所得を「不動産所得」といいます。所得税は小動産所得とそれ以外の所得を合わせた総所得に対して課税されるので、不動産所得が少なければ納める所得税も少なくなります。

ですが、「不動産所得を少なく」といっても地代を下げたのでは中-なる収入減。そこで、節税効果を得るには、不動産所得から差し引かれる経費を段人限計上すればいいのです。

 

 

他人に貸したときの税金と節税のポイント

 

将来の状況によっては、マイホームを他人に貸すことになるかもしれません。家賃収入がある場合の税金について予習把握しておきましよう。

 

経費の計上が節税のカギ!

経費として認められるもの

 

経費として認められる内容はおよそ決まっています。まずは税金。固定資産税や都市計画税、登記があった場合の登録免許税が経找になります。それから保険料や減価償却、またメンテナンスにかかる修繕もその物件に必要なので、経費として計上できます。また、シロアリの予防や駆除を業者に依頼した場合の費用も計上できます。

もしその物件を取得したときのローンがまだ残っていれば、返済額のうち利息分も経找に含まれます。ちなみに、収人より経代のほうが多く赤字であれば、赤字分を総所得から差し引くことができます。

 

新築の家に何年くらいの期間、何人の人が住む?

 

新築の家に何年くらいの期間、何人の人が住む?

 

 

新築は使用期間の長い買い物です。今後の家族構成はどうなるのか、そしてその家にどれくらい住むつもりなのかを考えて選ぼう。

 

どんな人が何年住むかを検討しよう

 

家族構成の変化を予測する

どんなにグレードの高い家でも、そこに住む人たちの暮らしに合っていなければ「よい家」とはいえない。特に、子供ができたり、成長して独立したり、さらには結婚して戻ってきたりと、その家に住む人数が常に一定でないという点は、新築選びにおいて大切なポイントとなる。

たとえば、夫婦と小さな子供二人の叫人家族なら、子供部屋を二部屋と考える人もいるでしょう。その場合は、子供たちが家を出たときのことも考えて、客問ゃ書?など子供部屋以外にも使えるつくりでないと、二部屋を無駄にしてしまうかもしれない。

何年住むかでタイプを選ぶ

住む人数と同じくらいm要なのが、その家に住む年数はどれくらいかということです。老後の住まいとして15年ほどでよい人もいれば、将来は子供夫婦と同居、または丨?親と同居を考えて
数十牢は住みたいという人もいます。価格を考えると、前者なら暮らしの便がよく維持管理も楽なマンションが適しているであろうし、後者ならやはりぴかぴかの土地付き一戸建てがふさわしいケースが多いといえるであろう。

マンションに60年住める?

建築技術が発達したこともあって、最近はマンションの耐用年数は60年といわれますが、これは実際の耐久性というよりも、あくまで減価?却分を計党するための法令上の目安です。屋根や外壁は早くて10年を過ぎると修絡が必要な物件もある。

 

 

可動式間仕切り

文字通り「動かせる間仕切り」で、取り外せる間仕切りも含まれる。子供部屋などに使われることが多く、和室がふすまや障子で仕切られていれば、それも可動式間仕切りの一つである。