住宅ローンが低金利のうちに!!

住宅ローンが低金利のうちに!!

 

新築の買い時と大きな魅力を考える

新築なんて夢のまた夢!?確かに高い買い物だが、ここ数年は買う側に有利な状況が続いている,その現況を大まかに見てみよう。

 

低金利&低コストの時代

新築を持つことは、よく一生に一度といわれるほど高額な買い物だ。しかし、多くの人が何十年もの口ーンを糾んでまで買っているのは、そこまでして手に入れたい魅力があるからにほかならない。

それに加えて、近年は新築取得に有利な状況がいくつかあります。一つは、金利が低いこと。1980年代には住宅金融公庫(現在の住电金融支援機構)でも5%強、銀行では8%を超えることもありましたが、90年代半ば以降はどちらも2.5%辺りに落ち若いている(返済タイプにより1〜3%超と幅はあります)。

もう一つは、建築技術全体の発達により、估宅建築のコストが下がっていること。もちろん物件によって個体差はありますが、同じ条件なら昔より実質的な费用は安くなっている。これはマンションにも当てはまりますから、同じ値段で以前よりは品質の高い物件が買えるというわけだ。

 

新築という安らきの場

これは最近だからというわけではありませんが、新築を持つことは、不動産という資苑を持つ意味合いもあり、贷貸住宅で暮らしているときとは大きく違う安心感を伴いる。现実として、一生ずっと賃貸で生活することは十分可能だ。それでも、冒頭で述べたように多くの人が新築を買うのには、ほかの物では得られないこの安心感が大きいのでは??

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です