新築の現場を見に行く 挨拶をするのは基本

 

新築の現場を見に行く 挨拶をするのは基本

 

 

工事中は現場にも足を運んで

 

一緒にときどき現場へでかけ、作業の様子をチェックしつつ作業員たちと適度なコミュニケーシヨンを取るとよいでしよう。

 

完成したら竣工検査をして引き渡しですが、ローン実行の時期や中間金など、各代金の支払い方法は事前に確認しましよう。

 

入居までの期間は物件ごとに差がある

 

土地を買って、設計事務所を探して、施工業者を決めて……。注文住宅はマンションや建売住宅に比べて必要なプロセスが多く、かかる期間にも個別差が出てきます。半年、1年ほどは余裕を持たせたいところです。

 

 

入居までのスケジュール 建売住宅

 

入居までのスケジュール 建売住宅編

 

マンションと違って土地と建物を丸ごと買うわけですから、家の構造など住宅全般の知識を自分で身に付けて、よい買い物にしたいものです。

 

住宅のエキスパートになるつもりで

 

“家”の知識を身に付ける

 

マンションではなく一戸建ての述売住宅を買うことに決めたら、住宅(宅地)についての知識をより深める必盟があります。どんな土地にどんな工法でどんな家が逮っているのか、〇分でできる限りチェックしなければならないからです。そのうえで、家族の希望条件を取捨選択し、予算の範囲内で買える物件を探します。小規模な優良物件を見逃さないよう、常にアンテナを立てておきましよう。

 

自分の目で物件をチェック

 

よさそうな物件があれば秘極的に足を運びます。敷地面積は数字ではなかなか実感できませんし、周辺の環境や日当たりなども広告の「良好」

 

という言葉だけでははっきりしません。

下見をして特に問題がなければ屮し込みをしますが、直後に気が変わればもちろん契約は断れます。申し込みから契約までは最低でも1週問は問を置いて、最終的な判断をしましょう。

 

ローン実行を待って引き渡し

 

申し込みを経て契約、それと同時にローンの目丨し込みという流れはマンシヨンと同じです。ローンの目丨し込みからだいたい半月ほどで融資が実行されますから、それで購人代金を決済して引き渡しになります。カギを受け取ったあとは当然ながら管理?任が買い主に移るので、引き渡しの区切り(日付)は明確にしておきましょう。あとは入居して待ちに待ったマイホーム生沾のスタートです。

新築 マンション スケジュール

 

新築 マンション スケジュール

 

入居までのスケジュール①

 

〜マンション編〜

 

マンションを買うときのおもなプロセスを見ていきます。新築の場合は契約時にまだ建物ができていないので、完成後に確認して入居となります。

 

新築マンションは完成前に契約

 

希望条件を整理して物件探し

 

ひとくちにマンションといっても価格や立地、新築か中古かなど条件は様々です。
予算の上限は向ずと決まりますが、それ以外は譲れるものと譲れないものを一つずつ検討しましょう。

大まかに希望条件がまとまったら、それに照らしながら折り込み広告をチェックしたり、近くの不動産屋をのぞいたり、あるいはインターネットのサイ卜で調べたりして物件を探しましょう。

 

下見から契約までの流れ

 

希望に近い物件があれば、新築ならモデルルーム、中古なら実際の物件を下見します。常業マンの話を鹈呑みにせず、分の目で確認しましょう。

 

納得できる物件であれば、まず購入の申し込みをします。契約は後目改めて行いますから、申し込んだあとのキャンセルは可能ですし、申込金も返還されます。「仮契約」などと強制してくる業者は避けたほうが無難です。

 

売買契約を交わすときには、同時にローンの申し込みをします。契約内容の確認事項はいろいろとありますが、この時点ではまだローン実行が確定していないので、とくにローン不成立の場合の対処方法は念人りに確認します。

 

内覧会で最終チェックを

 

新築マンションが完成したら、内览会(購入者による竣工検赉)があります。玄関からバルコニーまで、不備がないかどうかしっかりチェック。問題なければカギと必耍書類を受け取り(引き渡し)、同時に残代金を支払っていよいよ入居となります。

 

新築を買うタイミングは取得時の年齢で変わる

新築を買うタイミングは取得時の年齢で変わるんですよ

 

子供のいない20代と、まもなく老後を迎える60代では、新築の買い方に大きな違いがあります。年代別のメリットや注意点を検討する。

 

 

どの年で買うのがベスト?

 

30代までの若いうちが有利

新築はローンを組んで資金をパJ意するケースがほとんどです。買うときの年齢により、借りられる額やその後の家計状況は大きく違ってくる。

20代で新築を買う場合、返済期卯に余裕があるので多額の融資が期待できる。ただ、サラリーマンでも昔のように年々給料が上がる時代ではないので、その展望はきちんと考えておく必要がある。

30代になると多少は貯金もあり、将来の収人予想もある程度見えてきます。老後を迎える前にローンの返済を終えることも十分可能。子供の扶養などほかの負担がどれくらいかにもよりますが、新築を払うには適した人が多いであろう。

 

40代以降は自己資金がカギ

40代は、子供がいれば学費や仕送りなど養育作の?枳が大きくなる頃です。30年以上のローンを組むと返済が老後にかかってしまうので、借入額を少なくするか、養育代が小さくなったら返済額を増やすなど、やりくりのエ夫が必袈になるであろう。

50代での新築購人は、返済期問がそう?くないことを#えると、まとまった自己資金のあることが条件になる。この条件は60代にもあてはまりますが、60代の場合は購入費用の80%ぐらいは自己資金で用意したいところです。多少は退職金をあてにするのもやむを得ないが、老後の生活?についても無?のないプランを立てなければならない。

 

ローンの完済を80歳に設定するのは危険

住宅ローンは完済時の年齢の上限を80歳としているものが多いのですが、退職金や年金は老後の生活資金でもあるので、過度な期待は禁物。子供たちが返済を受け継ぐ親子リレー返済なども考慮に入れよう。

 

ただもう一つ気を付けていただきたいのが、新築のシロアリです。 新築のときしかできない施工もあります。おすすめの会社は多くはありません。

 

 

新築の家に何年くらいの期間、何人の人が住む?

新築の家に何年くらいの期間、何人の人が住む?

 

新築は使用期間の長い買い物です。今後の家族構成はどうなるのか、そしてその家にどれくらい住むつもりなのかを考えて選ぼう。

 

どんな人が何年住むかを検討しよう

 

家族構成の変化を予測する

どんなにグレードの高い家でも、そこに住む人たちの暮らしに合っていなければ「よい家」とはいえない。特に、子供ができたり、成長して独立したり、さらには結婚して戻ってきたりと、その家に住む人数が常に一定でないという点は、新築選びにおいて大切なポイントとなる。

たとえば、夫婦と小さな子供二人の叫人家族なら、子供部屋を二部屋と考える人もいるでしょう。その場合は、子供たちが家を出たときのことも考えて、客問ゃ書?など子供部屋以外にも使えるつくりでないと、二部屋を無駄にしてしまうかもしれない。

 

何年住むかでタイプを選ぶ

住む人数と同じくらいm要なのが、その家に住む年数はどれくらいかということです。老後の住まいとして12年ほどでよい人もいれば、将来は子供夫婦と同居、または丨?親と同居を考えて
数十牢は住みたいという人もいます。価格を考えると、前者なら暮らしの便がよく維持管理も楽なマンションが適しているであろうし、後者ならやはりぴかぴかの土地付き一戸建てがふさわしいケースが多いといえるであろう。

 

マンションに50年住める?

建築技術が発達したこともあって、最近はマンションの耐用年数は60年といわれますが、これは実際の耐久性というよりも、あくまで減価?却分を計党するための法令上の目安です。屋根や外壁は早くて10年を過ぎると修絡が必要な物件もある。

 

 

可動式間仕切り

文字通り「動かせる間仕切り」で、取り外せる間仕切りも含まれる。子供部屋などに使われることが多く、和室がふすまや障子で仕切られていれば、それも可動式間仕切りの一つである。

あと新築の際には必ずシロアリの予防をしておきましょう。 シロアリ 愛知

 

如何でしょう、参考になりましたら幸いです。

 

住宅ローンが低金利のうちに!!

住宅ローンが低金利のうちに!!

 

新築の買い時と大きな魅力を考える

新築なんて夢のまた夢!?確かに高い買い物だが、ここ数年は買う側に有利な状況が続いている,その現況を大まかに見てみよう。

 

低金利&低コストの時代

新築を持つことは、よく一生に一度といわれるほど高額な買い物だ。しかし、多くの人が何十年もの口ーンを糾んでまで買っているのは、そこまでして手に入れたい魅力があるからにほかならない。

それに加えて、近年は新築取得に有利な状況がいくつかあります。一つは、金利が低いこと。1980年代には住宅金融公庫(現在の住电金融支援機構)でも5%強、銀行では8%を超えることもありましたが、90年代半ば以降はどちらも2.5%辺りに落ち若いている(返済タイプにより1〜3%超と幅はあります)。

もう一つは、建築技術全体の発達により、估宅建築のコストが下がっていること。もちろん物件によって個体差はありますが、同じ条件なら昔より実質的な费用は安くなっている。これはマンションにも当てはまりますから、同じ値段で以前よりは品質の高い物件が買えるというわけだ。

 

新築という安らきの場

これは最近だからというわけではありませんが、新築を持つことは、不動産という資苑を持つ意味合いもあり、贷貸住宅で暮らしているときとは大きく違う安心感を伴いる。现実として、一生ずっと賃貸で生活することは十分可能だ。それでも、冒頭で述べたように多くの人が新築を買うのには、ほかの物では得られないこの安心感が大きいのでは??